霊枢概要
霊枢概要
作者:神麹斎 著
出版社:
出版时间:2009年11月
页数:268頁
版次:

本の紹介

 「患部から離れたポイントに軽く施術して、治療効果を期待する」。多くの鍼灸師がイメージする、そんな針治療の原典は何か。

 「余は毒薬を被らしむことなく、砭石を用いること無きを欲し、微針を以て、その経脈を通じ、その血気を調え、その逆順出入の会を営せんことを欲す」(『霊枢』九針十二原篇)というくだりに象徴されるように、経脈を通じさせ血気を調えることによる治療を提唱している、いわば「黄帝による新しい針術宣言書」ともいえる『霊枢』こそがその原典である、と著者は言う。

 本書はタイトルから想像がつくように『霊枢』の概要を解説したものだが、単なる翻訳書的な解説書ではない。『霊枢』による臨床は可能か? という思考実験を繰り返しながら追究した著者だから書ける、目から鱗が落ちる『霊枢』の解説書なのである。

 ただ、『霊枢』による臨床を追究したといっても、本書を読めばすぐに臨床家になれるというわけではない。でも、「あなた」が学生ならば、著者の経験から出た次の言葉が助けになるかも。著者は言う。「もし、針灸学校の学生時代に、せめてこの程度のことがわかっていたら、もう少しはましな臨床家になれていたのではないか」と。

 また、すでに古典(本書)なんか関係なしに臨床のできるという人にはこう語りかけてもいる。

 「なにもわざわざ本書に手を出すことはない。読めば、副題にあるように『これであなたも針が打てなくなる』かもしれない。読むほどに、“こんなことも謎のままで針を打っているのか”と、そら恐ろしくなるのだから……」

本书介绍:“轻按摩从患部离开的重点,期待治疗的效果”。很多针灸师印象深刻,这种针灸治疗的原典是什么呢?“我是毒药遮盖的享受,而是用砭石没有欲望,以微针,其经脉,通过其血气調え,其异序出入的会营栓的事欲す”(《灵枢》九針十二原篇)这一段的象征,经脉打通气血办的治疗所提倡的,可以说是“黄帝的新针术宣言书”也可以说是『灵枢”才是其原著中,作者说。

本书是从标题中想象出来的,解说了《灵枢》的概要,但不是单纯的翻译书的解说书。“灵枢”可以进行临床吗?这是一本反复思考着这样的思考实验的作者所写的,从眼睛掉落的“灵枢”的解说书。但是,即使对《枢枢》进行了临床研究,也不是说读了本书就马上成为临床家了。但是,如果是学生的话,可能会帮助从作者经验中出现的下一句话。

 作者说。“如果,针灸学校的学生时代,至少这程度的知道了的话,再强的临床家成为了,不是吗?”。另外,也有人这么说,已经对古典(本书)无关系地进行临床治疗了。什么都不需要特意向本书出手。”如果看了,就如同副标题一样,“这样你也不会打针了”。越读越是“这样的事也会像谜一样打针呢”,让人很害怕……。

 

大医医学搜索系统所有 大医医学搜索系统提供技术支持

您是第: 67881 位访客